「ほっ」と。キャンペーン

宮川水系(7月30日)

ちょっと前の話だけど・・・

出ちゃいました・・・32cm

d0155257_17091097.jpg


反応もすこぶる良くて、案内させて貰った埼玉のSさんの竿も曲がる曲がる・・・


d0155257_17091978.jpg


本当はもう1日釣りして帰ろうと思ったのだけど、満足したので帰りましたとさ・・・




[PR]

by papaisflyfisher | 2014-08-07 17:16 | 釣行記2014

最高の・・・

d0155257_21365712.jpg



d0155257_21371037.jpg



d0155257_21372364.jpg



d0155257_21373542.jpg



最高の青空。
最高の緑。
最高の眩しい太陽。
最高の滝のように流れる汗。
最高の友達。
最小のちっちゃいイワナ。
最高の冷たいチョコサンデー

今の僕には充分だ。
[PR]

by papaisflyfisher | 2011-07-13 21:37 | 釣行記2011

ソースかつ丼の谷 Part I

d0155257_942049.jpg


こんな天気なんだから、魚の出が悪い事は分かってる。
でもね、こんな景色の中で竿が振れる方が幸せを感じるよね。

d0155257_9422649.jpg


こんな竿と。

d0155257_9423996.jpg


こんなリールで、
でっかいドライフライを浮かべてのんびり釣り上がる・・・

d0155257_9425222.jpg


いやぁ~大増水。雪代終わってないじゃんよ。
身の危険を感じたので、引き返してあそこのプールに行こう。

d0155257_9431050.jpg


ティペットは0.2号。フライは18番のピューパ。
最初の目論見とは全く別の厳しい釣り。何んとかボウズを逃れて退散。
[PR]

by papaisflyfisher | 2011-07-01 09:43 | 釣行記2011

DayDream・・・三日目

d0155257_2336588.jpg


あぁ~~かっちょええなぁ~~

この日は朝からウダウダ。釣り行くの?
マジで行かないんですって・・・ff1350さん。

ってな訳で、この日も二組に分かれての釣行。

d0155257_23363274.jpg


ウェーディング・スタッフを一脚にして撮ったスローシャッター。
まぁ~こんな事して暇潰してるんだから釣果なんか高が知れてるっしょ・・・(笑)

しまいにゃ、「あ~休憩!休憩!」って・・・河原に座り込んで真面目に将来についての井戸端会議。
それはそれで楽しいったらありゃしない。




さて夕方、予報通りの雨・・・いや、豪雨。
この日に帰る予定の晴釣雨読さん・アンちゃんが山を降りる。

さらに雨が増して、タープの下に居ても横から雨のしぶきが掛って全身ビショビショ。

そんな中、ウェーディングスタッフでタープの水の流れをコントロールする僕。
黙々と炭に火を点けるff1350さん。
何故か飯をかっ食らうMASUさん。

みんなヘラヘラ笑ってる。もう最高!!!

そして、MASUさんも山を降りる・・・ちょっとづつ寂しくなってくね・・・

d0155257_23365732.jpg


寂しい大人達は、かき混ぜながら出来上がるリゾットを静かに見守る。で、笑う・・・
僕とff1350さんは、肉の分配で揉める。で、笑う・・・

もう二日間文明から遠ざかっている。風呂にも入ってない。どんどん野生の勘が取り戻されて・・・いかない(笑)
あぁ~早く温泉に入りたいよ~~

いよいよ明日は最終日。僕の白日夢から覚める日がやってくる。
あぁ~やっぱ帰りたくないよ~~
[PR]

by papaisflyfisher | 2011-06-09 23:37 | 釣行記2011

DayDream・・・二日目

昨夜の晩、九州から新幹線でやってきたモッチさん。そのモッチを名古屋まで迎えに
行ったアンちゃん。熊谷から高速飛ばしてやってきた晴釣雨読さん

みんな馬鹿ですね~~惚れ惚れするよ・・・

全員集まった所で、この日の目的地は山の奥のさらに奥。

さぁ~そんな風呂もねぇ~コンビニもねぇ~マックもねぇ~
                     そんな世界へ行きましょう!

d0155257_1934564.jpg


目的地で2組に分かれ、マーブルさん・ff1350さん・アンちゃん・僕の4人は、
林道をワイワイ言いながら歩くこと1時間。そこで待ち受けていた景色は・・・




3人の先行者(笑)



入渓地点をズリズリ滑って降りた所に居るんだもん。
もう気力も体力も全て吸いつくされたような脱力感で、
ヘラヘラ笑うしかないっしょ・・・

d0155257_19343051.jpg


d0155257_19344481.jpg


d0155257_1934577.jpg



いやぁ~ここまで釣れないと良いねぇ~~
昼寝したり、喋りこんだり、ボーッとしたり・・・もう最高!!!
先行者の問題か、季節の問題か、ただただ腕が悪いだけか・・・

あまりに釣れないもんだから、アンちゃんと「ここで反応がなかったら帰ろうな!」
って言ったら久しぶりに生体反応があったりなんかして、踏んだり蹴ったりの釣り。

いやぁ~気持ちいい!!!


d0155257_19351515.jpg


夜は夜で、「はじめ人間ギャートルズ」でしか見たことないような肉を焼いて食らう。
そう食らうと言う表現がぴったりなワイルドな晩餐。

いったい何の話をしたのだろう。話の中身は覚えてないけれど、
思いっきり笑った事だけは覚えているなぁ~~

昼間の疲れが心地よく気だるい感じが僕を襲う。
白日夢は夜の帳の中で、さらに深く深くなって行く。

まだまだこれから・・・
[PR]

by papaisflyfisher | 2011-06-08 19:38 | 釣行記2011

奥飛騨の更に山奥・・・(6月10日)

ココだけは来てはならぬと思っていた。

大体、UFOとか幽霊とかそう言う類の物には滅法弱い僕。
大体、携帯が繋がらないとか、風呂に入れないとか、テレビが見れないなんてのが非常に嫌いな僕。

2日前、この人からの電話で半ば強引に連れて行かれることになってしまった。

しかし、遠いなぁ~~我が家から待ち合わせの場所まで下道で2時間半。
まぁ~貧乏と言う事もあるけれど。高速使った所で30分位しか変わらないからね。

そこから目的の駐車場まで1時間半。

駐車場から歩いて1時間。

d0155257_19434878.jpg


まさに秘境・・・に来たつもりが足跡だらけ・・・さらに超渇水・・・

ゆっくり準備をして、さて始めますか・・・





で、2投目。

d0155257_19461457.jpg


あっさりと7寸チョイ。



で、さらに・・・ひらきのライズを見つけると・・・

d0155257_19471293.jpg


泣き尺・・・



す・・・すごいな・・・ココ・・・

ただし、渇水なのとピーカンなのとが相まって日向ではほとんど反応が無いし、チャラ瀬でも反応が無い。
それとは逆に少し深場の木陰。こう言う所に魚が溜まってるようで、そんな所を見つけてじっくり探れば何らかの反応がある。

それとこの秘境、足跡多すぎ。毎日代わる代わる責められてるんだろうね、魚もちょっと擦れ気味。
この辺りの事は事前に友達から聞いてはいたのだけど・・・びっくり。

吊りあがる事5時間弱。数は結構出たものの、サイズは泣き尺止まり。
一雨降ったら良いかも・・・


そして夕方、一発大物狙いでとあるポイントへ・・・

デルタシューティングヘッドをスィッチロッドでブンブン振り回して、25ヤード位先の流れの中にストリーマーをぶち込む。そしてワカサギがへなへなと岸際に泳いでる風に(あくまで想像)リトリーブすると・・・

怒涛の6連発。

More
[PR]

by papaisflyfisher | 2010-06-11 20:12 | 釣行記2010